おもちゃ‎ > ‎

箱紙で・ゆらゆらシーソーorゆらゆら小鳥

空き箱を開いて、厚紙として使います。
たいてい裏は無地ですから絵も描きやすく、いろいろ楽しく使えますよ。
 
↓ここではティッシュの箱を利用。
 
2つ折りの部分をこのように半月状に切ります。
シーソー、できました。
でもこれだけだと、簡単にひらいてぺしゃんこになっちゃいますから
 
切り込みを入れ、シーソーに人形をのせましょう↑。
余った箱紙で作れます。
 
!人形はコケシ状態で作るのがコツです!
足ナシの方が、差しこむときに楽なのです。
 
ゆらゆらゆら~。シーソーの完成です。
切り込みを増やせば、いくらでも乗りますよ。

 
たくさん乗せたくなって、乗せすぎて、もはやシーソーじゃなくなるかもしれません(笑)。
それはそれで、「ゆらゆらおふね」ということにしましょう。
私の教室では最初から、満員になること必至なので「おふね」でやってます。
 
ところで、もし大きな箱紙がないときは、こんなふうに小鳥にしても。 
小さなプレゼントにいかがでしょう。
ゆらゆら動く小鳥さんが、ほっこりした時間をくれますように。
 
(たわらゆうこ)
身近なもので楽しめる造形アイディアいろいろ、こちらのブログにのせています↓
『おさひめ幼稚園の造形教室・アートクラフトの授業日記』
 
 
 
 
 
 
Comments