段ボールイス

被災地避難所でも簡単にダンボールで作れる椅子・テーブルの作り方

ダンボール製のパーティションの作り方は
他のサイトなどでも沢山紹介されているので、

ココでは、被災地避難所でも簡単に作れる
ダンボール製の椅子やテーブルの作り方を紹介します。

パイプ椅子が十分にある所はいいですが、
避難所でのあぐらをかいて座ってばかりでは、脚が疲れたり
脚の不自由な方には大変なので、
そんな方々のために、少しでもお役に立てればと思います。

そんな時にダンボール箱3つで簡単に作れる
段ボール製椅子&テーブル・机の作り方を紹介します。

同じぐらいの大きさのみかん箱タイプの
ダンボール箱が3つあれば作れます。


1.まず1個ダンボール箱を組立てます。
段ボール箱の口の片一方をダムテープなどでとめます。

2.残りのダンボール箱2個を平らな状態のままで、
そのフタ部分を外側に折って、ガムテープで貼付けます。

3.1で組立てた箱の中に対角線状に入れれる様に
いい位置で折り曲げます。
その対角線状の真ん中に、高さの半分まで切り込みを入れて
もう一枚がはめ込めるように溝を作ります。

4.それらを十字にはめ込み、1で組立てた箱の中に入れて
フタを閉め、ガムテープで留めます。
これで完成。

※座られる方の体重やダンボール箱の強度によっては
つぶれやすい物もありますので、はじめは、一度ゆっくり座って
試してからお使いください。

※また、カッターなどがなく、切る作業が大変な場合、
2で作った状態の物をダンボール箱の中にタテに詰め込んで
フタをすると箱が丈夫になり、椅子やテーブルとして使えます。


ダンボールで作れる椅子・テーブルの作り方


Comments