防寒‎ > ‎

色彩効果で体感温度を上げる

 
色彩効果で体感温度を上げる方法は、
 
【暖色系の衣類を身につける】

これだけです。

暖色系の色は、
●感温度を2・3℃上げる効果
●時間を短く感じさせる効果
があると色彩心理学やカラーセラピーの分野では言われています。

赤い色の波長が脳を刺激して、
アドレナリン(興奮ホルモン)を分泌させることにより、
脈拍が上がり⇒体温が上昇し⇒血液の循環がよくなる
というメカニズムです。

血液の循環がよくなるため、
体調不良や風邪などの症状の緩和・傷の治癒にも効果的です。

 
▼救援物資を送る方へ
暖色系の衣類(特にくつしたや下着など)を意識して選んでいただけると良いと思います。
 
 

簡単ではありますが、多くの方のお役に立てますように。 





イラスト
ヒラノトシユキ (Toshiyuki Hirano) http://www.hiranotoshiyuki.jp/




 
Comments