防寒‎ > ‎カイロ・湯たんぽ‎ > ‎

保冷剤カイロ

夏の保冷剤を冬はカイロとして使える便利な保冷剤カイロと言うものもありますから、ご紹介したいと思います。自分で簡単に作ることができて、かなり長い間体を温めることが出来そうです。
夏場、買い物をすると小さなジェル状の保冷剤がついてきます。この保冷剤はちょっと冷やすのに便利ですから、溜め込んで冷凍庫の中に眠っているのではないでしょうか。
この保冷剤を冬の寒さ凌ぎのカイロに変身させましょう。
保冷剤カイロの作り方
(1)お湯を沸かします。
(2)沸騰したお湯をどんぶりのような器に入れます。
(3)その中に保冷剤を入れますが、保冷剤は常温に戻したものを使用して下さい。
(4)そのまま2~3分程度待つてから菜箸等でつまんでお湯から取り出します。
(5)あらかじめ広げておいたタオルの上に置き、水気をよく拭き取りましょう。
(6)温まった保冷剤をタオルなどで包めば出来上がりです。
注意したいのは、ここで使用する保冷剤は中身がジェル状のもので、水だけの保冷剤ではあまり効果は期待できません。また、お湯を扱う時や、温めた保冷剤を扱う時は、火傷に気をつけて下さい。
保冷剤カイロの持続時間は、保冷剤の大きさや保存状況によりますが、40分~1時間ほどは持ちます。
保冷剤カイロの使い方あれこれ
(1)ポケットつき腹巻きに入れて使います。
(2)レッグウォーマーの中に入れて使います。
(3)ルームシューズの中に入れて使います。
(4)少し冷ましてから、両まぶたの上に置いてアイピロー代わりに使えます。
(5)タオルに巻いて首周りに巻き付け、首をあたためることが出来ます。
保冷剤カイロの注意点
(1)電子レンジで温めるのは危険です。
(2)火をかけた鍋の中に直接入れると袋が溶ける可能性があります。
(3)熱いお湯を扱うので、火傷には気をつけましょう。
(4)手で触わった時は熱くなくても、他の部位では熱く感じる場合がありますから注意して下さい。
(5)低温火傷に注意しましょう。
なお、市販のアイスノン(液状のもの)でも、同様の効果が期待できます。





Comments