防寒‎ > ‎

防寒方法と低体温症の基本対処

既に極自然に行っている防寒方法のひとつを改めて。
■保温に向く素材を首に巻く・・・つまりマフラーです。タオルでもクシャクシャにした新聞紙でもいいです。
ソケイ部、腋の下、首の部分(※イラストの部分)は、身体の表面に太い動脈が走っている部位になります。身体全体にゆっくりと暖かい血液をめぐらせるために、ここを暖めるコトが大切です。ソケイ部、腋の下は普段から、保護しているでしょう。首も忘れずに。
 
身体が冷たくて、意識がモウロウとしている方が傍にいるときは・・・
■低体温症の疑いがあります。人間は体温が下がると様々な機能を失って行きます。眠気、疲労だけの方もいるので正確な判断は医師に任せましょう。
■医師がいないときは・・・手足をマッサージするのは危険です。手足の冷たい血液が心臓にショックを与えかねません。まず落ち着いて。
・身体を安静にする。
・衣服が濡れている時は乾燥したものに替える。
・湯たんぽなどで、イラストの3箇所を暖める。
・症状の変化を判断するのは難しいです。なるべく早く、医師、或いは救急法を会得している救急隊員の方を探しましょう。
 
 
 
情報源:妻(浜松市 中学養護教諭)、長男(静岡市 医師)




※ポルトガル語翻訳は、下記をご参照ください。



ċ
PROJECT OLIVE,
2011/03/23 2:08
Comments